あなたが選んだ政治家には、まちの課題を解決する政策があるでしょうか?

あなたが選んだ政治家は、まちの10年後、20年後の未来を描けているでしょうか?

将来に対するビジョンと、それを実現するための政策を持たずして、果たして政治家と呼べるでしょうか?

ビジョンも政策も持たない政治家が跋扈し続ける限り、まちの政治が良くなることは決してないのです。

名利にとらわれた、私欲に生きる政治家が蔓延る限り、市民の暮らしが良くなることは決してないのです。



 これから迫り来る地域分権時代の大きな転換期を乗り越え持続可能なまちづくりを行い、併せて住民福祉の向上を図るためには、中長期の明確なビジョンを示し、理想に向かって進む強い意志を持ち、冷静に現実を分析し結果を出すための最適な選択肢を選び取る思考力を持ちまちに関するあらゆることを、我が事として捉えられる責任感を持った、住民の信頼と協力を基盤として闘う政治家が必要なのです。




この理念を決して忘れず、私は政治を行ないます。
このまちの未来のために。